読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイモノグラシ

本当に欲しいものだけを買う

スポンサードリンク

もしも過去に戻れたら・・・タイムスリップする面白い漫画4作品紹介!レビューもあり

過去に戻ることが出来たら・・・誰もが一度は過去に戻る事を想像してワクワクした経験はあるかと思います

そんなタイムスリップに関するお勧めの漫画4選!とネイバーまとめにあってたくさんの人から評価されていたので、作品とレビューを紹介します

 

 

 

変則系クアドラングル

 

  
  表紙に一目惚れして購入。とても雰囲気がいい。
作品の内容は「高校時代の自分行いのせいで歩けないしゃべれないみたいな状態になってしまった好きな女の子を助けるために
過去に戻ってやり直し」という今時珍しいものではないが、主人公が真剣に過去を反省してやり直しをしているので好感が持てる。
最初は「今時主人公が不良とかないわー」と思ったのだが、根はいいやつなので…なんだか応援してしまっている自分がいる。悔しい。
タイムリープものに属するようだが、シュタゲみたいに「過去が変わったら未来がこう変わった」とすぐ分かったり、過去と未来を行ったり来たりする話ではない。
それらと決定的に違うのは、「やり直しをしているのが1人ではない」ということ。それがこれからどう作用していくのかが楽しみ。
様々な伏線が張られており謎もあり、どうなるかわからない展開も、上手くまとめられるのか多少不安だが楽しい。
  
 

 

 
 

片翼のラビリンス

 

 

 

 

 ごくフツーのぽっちゃり系女子高生・都(みやこ)。あこがれているクラスメイトの大翔(ひろと)がつきあっているのは都のお姉ちゃんの蛍(ほたる)。そん な都はある日謎の手紙とカギを手に入れます。手紙のメッセージに誘われ、カギを使うと行き着いた先は2年前の世界。もう一度恋をやり直すことになった都の 運命は!? 
「あやかし緋扇」のくまがい杏子が贈るタイムトリップラブストーリー開幕です!!

 

 

Amazonレビューより

 

 美人で出来のいい姉と真逆の妹(主人公)のキャラ設定です。美人で可愛い姉ですが、性格がメチャメチャ良いです。妹想いの姉の方が、主人公よりも好感が持 てました。主人公も悪くはないのですが、少し自己中な所が気になりました。いけないことだと・・・傷つく人がいるということが頭の中ではわかっているの に、実行してしまう所がどうなのかなと思います。自分が後悔しないようにする為の気持ちを優先的に考えている構図も、少し気になりました。主人公の気持ち も分からない訳ではありませんが・・・その分周りのキャラに支えられているので良かったですが・・

 

 

 

 アゲイン!!

 

 

 

 

 『モテキ』の久保ミツロウが描く、高校生活タイムスリップストーリー! ――高校生活3年間、友達も思い出も作らず卒業式を迎えた今村金一郎(いまむら・ きんいちろう)。だが同級生の女子・暁(あきら)と階段から転げ落ち、気づいたら3年前の入学式の日へタイムスリップしていた! 憧れていた女団長・宇佐 美(うさみ)と再び出逢った金一郎は、応援団に入団し、宇佐美が独りで頑張る応援団の立て直しを目指す!!  

 

 

 

Amazonレビューより

 

主人公・金一郎の終わったはずの楽しくなかった高校生活3年間。
ところが突然タイムスリップして高校の入学式にさかのぼってしまう。
高校生活をやり直すことになった金一郎は、
気になっていた女団長の宇佐美がひとりで頑張る応援団の再興を試みることに。

主人公は熱血タイプではなくコミュ能力不足気味だが憎めないヤツ。
他の登場人物も長所・短所を持ち合わせており、類型的ではなくて、まわりにいそうなキャラクター。
1巻と2巻を続けて読みましたが、ストーリーは楽しく、笑いがちりばめられ、
そしてちょっとした感動もあって、とにかく面白かったです。
久々に続きが気になるマンガに出会った感じです。

 

 

友達100人できるかな

 

 

 

 

 

 36歳の小学校教諭・直行(ナオユキ)は、出産を控えた妻と幸せな日々を送ってい た。そんな中、突如地球侵略にやって来た宇宙人。彼らの侵略を防ぐには「愛の存 在」を証明するため、友達100人作らなければいけないのだ。その調査対象に選ばれた 直行が宇宙人に連れて行かれたのは、一九八〇年、直行が小学3年生の頃の世界。期限は小学校を卒業するまで!! 地球の命運をかけたミッションが始まった!!

 

 

Amazonレビューより

 

アフタヌーンという比較的マニアックな雑誌での連載なので知名度こそ低いですが、
大人、子供関係なく読めるよい作品だと思います。

36歳のカタブツな教師が過去に戻って友達を100人作らなければいけなくなった話です。

連載を毎月読んでいる自分としては、単行本でイッキ読みするのはもったいないと思うほど
一話一話にアイデアが入っています。
キャラクターも魅力満載で好きです、話はベタなものから意外なオチのあるモノまで
いろんなパターンがあり楽しめます。

現在3巻まで出ていますが、1巻を買ったら是非3巻まで読みましょう。
個人的にはここ(3巻)まででひとつの作品として完成していると思っています。