読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイモノグラシ

本当に欲しいものだけを買う

スポンサードリンク

怖すぎ注意!!お勧めのパニック&ホラー漫画8選!高評価だったホラー漫画まとめ

怖いものは夏以外でも楽しみたい!そんな人にお勧めのパニック&ホラー漫画を紹介します

ネイバーまとめ、Amazonで評価の高かったマンガを厳選しました

 

 

魔法少女・オブ・ジ・エンド

 

 

 

 

 

 Amazonレビューより

超面白い。1巻ではただの不条理ゾンビホラーだが、3巻あたりからタイムトラベルしたりSF要素が強まる。
登場キャラも個性的だし、描写も斬新で、夢中になって一気読みしてしまった。

で、一気読みして気づくのだが、1巻からすでにかなりの伏線が張られている。
「初期はクソだけど少しづつ面白くなる」のではなく、ちゃんと最初から考えて作りこまれているのだ。
1巻が浅く見えるのは、様々なギミックを隠すためにあえて「派手な描写」「不条理」「グロ」を表に出しているのだろう。

少年漫画とは思えないクオリティ。最高です

 

 

 

屍鬼(しき)

 

 

 

 

Amazonレビューより

 とても面白かったです。というよりもまず、
藤崎氏が手掛けた漫画版『屍鬼』を楽しんでいる自分に感動してしまいました。
漫画化が発表された時点では喜びより不安の方が勝っていたので…。

同じ原作付きでも封神演義のような古典とは違い、
近年に発売された有名ホラー小説ということで制約やプレッシャーも大きそうですし、
藤崎色が変に抑えられてしまうのではないかと案じていたのですが…杞憂でした。
かなり個性というかアクの強い漫画家なので、合わない人には徹底的に合わないでしょうが、
あの一種奇天烈な絵柄と演出が独特の不気味さを醸し出していて、
藤崎氏&小野女史両ファンの自分でもここまで楽しめるとは思っていませんでした。

まだまだ序章なので後半の壮絶な混乱をどう描くのかにかかっていますが、
この1巻であっという間に藤崎ワールドに引き込まれてしまったのであまり心配していません。

原作版『屍鬼』を知っている人にも知らない人にも一読の価値アリと思います。

 

 

 

バーサスアース

 

 

 

 

 

 冴えない高校2年生・寺鐘ハルト。友と無気力な毎日を送っていたところに謎の柱“深柱(しんちゅう)”が現れ、大惨事に…!? ハルトの激動の日々が幕を開ける!!

 

Amazonレビューより

表紙画像を見たら推測がつくかも知れませんが、この作品は、怪物相手に戦う漫画です。
主人公の少年は、巻き込まれ、戦い、様々な事に悩みながらも、必死に生きていきます。

かつて、昭和のヒーロー達は、改造や悪魔との合体によって、純粋な人間では無くなる代わりに力を手に入れ、愛する人々を守っていました。
自分が異端である事に悩み苦しみ、愛する人を守る為に揮う手が抱きしめる相手を傷つけてしまう事を嘆きながらも、世のため人のため、時には自分のためと、命をかけて戦っていました。
この漫画も、そういう作品です。
ただ、主人公の決定的な決意に関わるエピソードは、連載誌で最近発表されたばかりなので、三巻か、場合によっては四巻に収録されるのでご注意を。
とはいいつつも、この一巻でも、可憐なヒロインや剛毅なヒロインに触発されて足を前に踏み出す主人公の姿に、胸を熱くする事ができると思います。

何かを決意して前に走り出す。過酷な運命を必死に駆け抜ける。そんな少年少女の姿が好きならば、是非、この漫画を読んでみてください。

・・・あと、表紙に描かれている女性「レオさん」は超イイです。
『しっかりした体格の美少女』が『泥まみれ埃まみれで凛々しく命のやり取りをする』漫画が好きな人も、是非どうぞ。

 

 

 いばらの王

 

 

 

 

 全世界で猛威をふるう謎の石化病メドゥーサの感染者が冷凍睡眠施設で眠りについた。だが、彼らがふたたび目覚めた時、そこは…。

 

 

 Amazonレビューより

この作者の作品を始めて読んだが、カバー絵からは想像できないほどレベルの高い作画で、非常に驚いた!

1巻目はアクションシーンの構図に硬さが見られ、多少読みにくいかなと思ったが、後半の巻になるに従い、その作画表現力はスムーズにそして高度になっていく。最近のCGを駆使したハリウッド映画に勝るとも劣らない、素晴らしい画の連続で、これだけで十分価値がある。

ス トーリーは、謎の病メデューサに罹った患者たちが、古城を改造した研究所でのコールドスリープと目覚め、という唐突な導入で始まり、何が起きたのか全く分 からない状況で、ジェットコースターのように次から次へと予想外な方向にストーリーが展開していく。設定に乱暴で陳腐なところもあるが、それがかえって魅 力とも言えるほど、展開の早さと画力で最後まで飽きずに見せてしまう。作者はB級映画の世界を表現したかったというが、中々どうしてA級ハリウッド映画に も匹敵するレベルだ。最近のゴタクばかりで冗長な漫画にない、本来の意味のアクション漫画だと思う。映画好き、ホラー好き、SF好きには絶対の買い!

 

 

不安の種

 

 

 

 階下の暗闇に気配を感じるような、ドアごしの殺した息づかいのような、視界の隅に映りこんだ視線のような、ざらりとした質感、気分、戦慄

 

Amazonレビューより

短編の話がテンポ良く描かれていてなかなか読みやすかったです。
でも期待しすぎたせいか、
「なんだ・・・こんなもんか、あんまり怖くないやん・・・」と思いながら一読しました

しかし、その日の夜・・・風呂で頭を洗うとき、洗面台で顔を洗うとき、ベッドに横になったとき・・・
フッとマンガの話を思い出しては、ゾクッとして死角を何度も確認してしまいました。

あとからジワジワくるマンガです。
なかなか気にいったんですが、ちょっと幽霊(?)の表情で気持ちが逆に冷めてしまうところが何回かありました。
ストーリー、雰囲気で十分に恐怖が伝わってくるので、
さいごに幽霊の表情(目をずらしたり)で恐怖を煽る必要はないかと思いました・・・。

 

 

 

 

 

 ハカイジュウ

 

 

 

 

 東京・立川。鷹代陽はバスケに打ち込む普通の高校生。その日も順調な一日を送るはずだった……。昼下がり、市内を襲った突然の大地震。崩壊した学校の中で 陽は目撃する。同級生たちの死体の山。そして、ソレらに喰らいつく未知なる怪生物を……。圧倒的画力が紡ぎ出す、完膚なきまでの衝撃!!超絶都市型モンス ターパニック!!  

 

 

 Amazonレビューより

読み終えて、とても先が気になる、そして楽しみなマンガだと思いました。

内容は今まで平凡に暮らしていた高校生男子が、ある日突然大地震に襲われます。
目が覚めたらそこには同級生の死体の山、そして超巨大な化け物に襲われるという「モンスターパニック」マンガです。
と聞くとなんだか「ドラゴンヘッド」と「寄生獣」と「GANTZ」をそれぞれ足して割ったような雰囲気ですが、
そのどれでもないようなマンガに仕上がっています。
絵がとてもキレイで、そして丁寧に描かれていてモンスターに襲われている迫力が伝わってきました。
モンスターまでもすごく丁寧に描かれていて、かなり気持ち悪いです。
そして何よりこのモンスターが、超でかいのです。
ビルよりでかい!
街は破壊されまくりで、安全な場所も今のところどこにもありません。
そしてなぜかテレビのニュースでは些細なことが報道されていて、こんな大事件が全く取り上げられていないといった状況。
1巻では本当に「????」だらけで、本当に「始まったばかり」といった感じの展開でした。

思っていたよりとても楽しく読めたマンガなので、上記で挙げたマンガが好きな人ならおすすめです!
願わくば今後の展開が「ありきたりな展開」でなければ…と思います(笑)。

 

 

 

 アイアムアヒーロー

 

 

 

 鈴木英雄。35歳。漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!?異才・花沢健吾による極私的サバイバルパニックホラー!!

 

 

 Amazonレビューより

自分はこの作品の1〜6巻まで読んだのですが
ザックリで個人的感想です。

普通の日常からゆっくりと確実に不穏な空気になっていき
大パニックになるまでの流れまで主人公と共に紐解いていく感覚
何が起きてどーなってんだ?!的な流れが本当に秀逸で
唐突な話の進み方をしない流れにこだわりを感じました。

そして最悪な事態に戸惑いなら行動する主人公に
次から次に襲い来る恐怖などの表現が非常に上手く
ジワジワくる恐怖や衝撃の恐怖が随所に描かれており
脳裏に焼きつくようなシーンなどもあり兎に角衝撃的。

読み始めたら止めれませんでした。
話の続きが非常に気になる作品なので
楽しみにしています。

最後に、この作品はショッキングな暴力表現や
流血シーンもありグロテスクな表現も描かれてるので
苦手な方にはお勧め出来ません。

 

 

 

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

 

 

 

 

 

崩壊した世界を駆ける高校生たちの戦いを描いた問題作が、ハイクオリティなフルカラーコミックで登場。毒島先輩の剣戟が、宮本麗の太ももが、そして〈世界の終わり〉が、今鮮烈に蘇る!

 

 

Amazonレビューより

1巻〜4巻まで読み終わっての感想。

どの巻のレビューを見ても「いまいち…」という意見があるので、不安に思いながら買いました。

…が、予想は完全に覆されとても楽しかった、面白かったです。
強いて悪い点を挙げると、結構グロテスク…。 (バイオハザードにドキドキする人には少し刺激が強いかも。私もその一人。)

良かった点
1・キャラクターが魅力的(見た目的にも、設定的にも)

2・健康的&適度なセクシーシーン。(こういった息抜きがないと気分が悪くなりそう…オアシスとも言える。)

3・サバイバル特有の【緊張感!】漫画でゾンビ物を見たのはこれが初めてですが、ゾンビ以外にも問題は色々起きるものなんですネ…。

私個人の感想なのでホラーに耐性が強い人や奥深い話でないと楽しめない人も居ると思いますが、「セクシーな女の子達が、銃や刀を手にしてゾンビを倒す」、「街中がゾンビだらけの中、主人公達やその他の人達が必死に知識や体力を使って生き延びようとしている」
この二つのどちらかに興味があるなら楽しめるカモ!?
(ちなみに私は前者の方です。同人とかも…)

それでは、あなたも非日常の世界へ……。