カイモノグラシ

本当に欲しいものだけを買う

スポンサードリンク

ファイナルファンタジー XVのレビューが酷評の嵐!つまらない理由は?プレイした感想まとめ

 

 

 最先端ゲームの感動体験を全てのユーザーに。
初めて「ファイナルファンタジー」をプレイする人のための、15番目の最新作。

「リアル」と「ファンタジー」の融合により生み出される圧倒的な世界観とグラフィック、
そしてシリーズ初の挑戦となる「オープンワールド」の採用、さらにアクション性の高い
爽快なバトルの導入によって、プレイヤーは世界に浸り、
これまでにない最高の自由と臨場感を味わうことができる。

ファイナルファンタジー」は新たな世代のための新たな礎を、今、再び生み出そうとしている

 

 

 

Amazonレビュー 2205件  5つ星のうち 2.6

 

低評価の意見が多くて驚きました。星を5つのレビューでも中身は酷評しているものが多く見られたので実際には評価はもっと低そうです

いったいなぜなのか?

 高評価のものから低評価のものまで星5段階に分けてレビューを見て「参考になった」と認めた人が多いレビューを紹介します

 

 

 

★が5つのレビュー

 

 

※ネタばれなしです、ご安心を

※まだ1回クリアしただけです
やりこんでいないので、また十分やりこんだ後に書き直したりします
現時点でのレビューで「ここ間違ってるぞ!」とかあるかもしれません、一応・・・

PVやら発売前の情報ではとんでもなく広い世界を船やら車やらで移動して
長く、厳しい物語を遂行していくんだ!と思っていましたが・・・

実際はとても短い・・・
メインだけを集中してやると、え?もう終わり?となる・・・
FF13よりもずっと短い感じ
世界もそれほど広大ではないっす
つーかむしろ自由度が狭いので世界も狭く感じた
行けそうで行けない場所が多い
う~ん・・・

ま、いいや
それでは5段階で評価する
理解せよ

グラ/★★★★★+
俺がやってきたPS4ソフトで最高の美しさ
これからはこうでなきゃね!!
和ゲー・・・やるなぁ
背景は美しく、ずっとこの世界に居たい気分にさせてくれる
戦闘もド迫力!
正直グラだけでも買う価値はあると思う
ホテルに泊まったら彼らがどうやってすごすのかわかるのは良い!これは今後も頼みたい
あと写真機能も気に入りました!
期待の飛行ですが、まっっっっったく期待外れでした
そもそもオートかファストトラベルだし、飛ぶ意味もないし、そもそも着陸失敗で即ゲームオーバーはやりすぎ

キャラ/★★★★★
見かけクールだが中身は普通の青年という感じの主人公
ぶっきらぼうだが困ってる人を見捨てられない、そんなRPGによくある性格
だが他のキャラの個性が薄いと感じた
ただプロンプトは車に乗ってるときや町歩いてるときにしょっちゅう写真撮る写真撮る言い出してうっとうしい
特にマニュアル運転のとき、パーキングに寄ろうと思ったときに言われると、パーキングのマークが出ないので
すっごく困る
こいつマジでうざい
個人的に主人公ノクトに好感が持てたので★5で
ルーナ様は・・・立派すぎる!!素晴らしいヒロインだった・・・
ラスボス以外ボスらしいボスがイフリートくらいしかいないのはあかんやろ・・・
敵キャラ及び敵勢力に魅力のあるキャラがいないのは欠点か

ストーリー/★★★★★+
FF13のような専門用語も少なく
きっちり解説もあるので入り込みやすかった
長々とした導入もなくさっそく動けるし、うん、入りはよかったと思う
複雑なストーリーではなく、単純なお話なのでとっつきやすく、これでいいと思う
感動した章もあるし、バランスよくまとまっていたと思う
ただやはり短い・・・
これから最後の戦いに向けて頑張っていくんだな!レベル上げなきゃ!とはりきっていたら
「最後の戦いになります」と言われてしまった・・・がっかり
・・・が、エンディングは最高だった!
タイトルロゴの意味がわかるときは最高でした!!
近年クリアしたRPGの中では屈指のストーリー性
ストーリー批判しているのは読解力のないバカなので無視でOK
個人的に最高クラスのシナリオだと思っているラスアスに匹敵するほどストーリーは良かったよ

バトル/★★★★
ノクトは動かしていて爽快
バトルは楽しいです
ただ死に過ぎ、紙すぎでストレスがたまるところもある
料理は非常に効果が大きく、あるとなしでは別物のバトルになると言ってもいい
そして最悪なのが魔法
いちいち装備しないと使えないし、アビリティを最深部付近までアンロックしないと魔法は3個しかつくれない
混ぜるアイテムによって変わるけど、基本3個
これが何を意味するかというと、魔法を3回使ったらいちいち精錬するためにメニューを開かないといけない
この魔法、それほど壊滅的ってほどの威力もないのに・・・これ最悪でした
この変な回数制限のせいで魔法なんてめったに使わなかったよ
3回はないわ倍の6回でも少ないくらいのに・・・・
20回くらいでもよかった・・魔法には使うたびにクールタイムもあるし回数制限の意味なくね?
なぜわざわざ回数制限があるのか???
しかも3回って・・・
マジックボトル複数装備したらいいだろっていうのもわかるが装備枠を取るし・・・
そしてしょっちゅう湧いてくる魔導兵
こっちのレベルが30くらいなのに45くらいの魔導兵が平気で出る

その他の不満点/
移動が遅い・・・移動が苦痛でしたね
ファストトラベルくらいパッパッパッと移動できないものかねぇ
そして全てのロードが長いです
そんくらいかな・・・ストーリーが短いってことはさんざん書いたし
なぜチョコボを呼んだらさぁ、来るの待つ→来る→探す→マル押す(よく外す)なの?
呼んだ時点で乗っとけよ・・・

バグ/
様々なバグに遭遇しましたが
進行不可能と言える深刻なバグや看過できないレベルのものはなかった
笑えるような小さなバグは多々見つけた
アンチは小さなバグ1つでアホみたいにおおはしゃぎしていますが、心配せずとも笑えるだけで深刻なものはないです
こいつらが名作フォールアウト4とかやったら失神すんじゃないか?
これだからライトゲーマーは・・・

総評/★★★★★
ぎりぎり★5といったところ
結局「いつものFF」で「いつもの」からの脱却はできなかった
良くも悪くも、FFですわ
キャラもライトニングさんのような強烈な個性はなかったし
バトルも微妙
和ゲーの限界を感じた・・・これからの時代はスカイリムのような形ですわ・・・
DLC商法はうっとうしいけど、まぁいいでしょう
それほど高くもないし、魅力的でもない

俺にとって悲劇的だったのは、ウィッチャー3というスカイリムやGTA5ですらかすんでしまう
最強のRPGをやった直後にFF15に入ったということだ・・・
あれと比べると見劣りするってもんじゃない・・そういう意味で、俺は運がなかったのかな
ウィッチャー3と比べると他のゲームのほぼすべてが「しょせんその他大勢のうちの1つ」になってしまうので・・・
でも、ストーリー性は圧巻です、終わった後の余韻がすごい
良質な映画を見終わった直後のような余韻・・・決して悪くはない
つーかノクトはFF史上最も不幸な主人公では・・・

あと、FFはワンピと同じく、アンチが張り付いているので注意してください
低評価を読むと批判しかしてない
ここがこうで、こうだから悪く感じたという具体的な指摘は一切なく
頭の悪いエアプ丸出しの駄文
ああいうのは参考にしなくてもいいです、明らかなエアプですから
もう少しばれないようにやれと思うものだが、頭悪いから無理か(笑)

改善点/
・まっさきに言いたい・・・魔法の回数制限の撤廃か、回数大幅増加を強く望む
・魔導兵の戦闘参戦減少・・・参戦しすぎ
・バグを潰せ・・・
・画面暗すぎ、せめてオプションで調整させて
チョコボ騎乗時とかボタン離しても走れるようにして、あとスタミナ意味ない
・ゲームオーバーになったら2分近いロード時間(マジで)これありえない・・・
・鬼難易度の追加、他やりこみ要素の追加、マジでクリアしたらやることない
・コインを使ったアホみたいな経験値取得の調整および3万で経験値3倍はやりすぎ、まともにレベル上げする気なくすわ
・くそうっとうしい柵の削除、サブミッションをいっぱいやってる人はなんのことかすぐにわかるはず
・和ゲーの悪いところ・・・誰が育てても最後はみんなと同じになる無個性キャラをそろそろ和ゲーはどうにかすべき
・ファントム武器がどれも似たような性能でがっかり

最後に・・・/
なんかDLCが6個出るそうですが
買いません
「買 う 価 値 な し」、との判断を下しました
新しいキャラが仲間になるわけでもなさそうだしね
うん、でもまぁ安心したよDLCはあくまで「おまけ」の範疇を超えたらいかんよね
ま、そのうち買うかもしれん、アップデートで色々改善してくれるようだし・・・

あと日清に莫大なスポンサー料をもらってるのかな?
世界観壊すレベルのカップヌードル推しはやりすぎです・・・
いつからFFは日清の広告塔に?

以上
一番上に書いたが、やりこんだら随時追記、書き換えをしていきます
 
313人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

★が4つのレビュー

 

 

 
【追記】最初のレビューでは批評しましたがなんかレベル上げ楽しくなってきたので☆2から☆4に変更します。最初の批判レビューに賛同して下さった方々すみません。

【最初のレビュー】
私がRPGに求めているのはレベル上げの楽しさ・お金を貯めて強い武器防具を装備して強敵と闘う楽しさ、という単純な事です。

が、本作には一切それらの魅力を感じる事ができません。

男4人の変な掛け合いやお使いミッション、ダラダラムービーには何の魅力も感じません。「序盤は楽しい」という意見を希望に4時間ほどプレイしましたが、苦痛でしかありませんでした。

現実とはかけ離れた「ファンタジー」をもっと楽しませて下さい。
釣りや料理やカメラやら「現実要素」をリアルに再現するのでなく、もっとゲームの世界でしか味わえないワクワクするような「ファンタジー」を楽しませて下さい。

Amazonレビューの低評価は信用しない方だったのですが、今回は低評価の方々に賛同させて頂きます。
 
 
261人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 

 

★が3つのレビュー

 

 

 

人とのふれあいをテーマにし、狩りや釣りなど冒険や、探検をメインに、楽しみながら世界中を旅するゲームだったら良かったんじゃないかな。
FFでは無くなるけどね。

以下、不満点
1.メインストーリーと旅パートの温度差
精神的な問題を抱えた青年達なのか、敵を欺くための演技なのか、本物と影武者の二組がいるのか、同じキャラクターとは思えない。
制作者は整合性を何か考えていたのだろうか。

2.必然性を伴った因果関係の欠如
制作者の意図デウス・エクス・マキナが乱発されキャラクターの意思を感じられない。

3.ゲーム単体での不完全性と、ゲーム外の作品をあわせても不足している情報
四人の絆、一緒にいる理由。
なぜ安全であった王都が落とされたのか。
プレイヤーとヒロイン、王国関係者が合流できない、或はしない理由。
帝国が戦争を起こした目的。帝国民の思い。
名前持ちや、映像で重要そうだった人たちはどうしたの等々。

アニメ、映画、特典CDで把握できるものがある一方、まったく説明がされない事が多すぎて物語の理解が出来ない。

統合性を気にしない方や、ご都合主義を楽しめる方以外には、あまりオススメしない。
 
 
96人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

 

★が2つのレビュー

 

 

 

皆さんの言われるように、前半は寄り道をしつつフラフラしていればゲームとしてはそれなりに遊べます。
主人公は王子という設定ですが、非常に育ちの悪いような喋り方しかしないため早々に英語音声に切り替えればストレスは減らせます。
(相手が紳士的に話しかけて来ても寝起きの中学生のような不機嫌な受け答えしかしないため非常に不愉快な気分になりました)
仲間とのやりとりは、男4人の会話と言うよりは女子学生がおしゃべりしているような内容でした。
それでもゲームを遊ぶのだという気分でその辺りを無視して進められる程度には良かったと思います。

酷くなるのは嫌でもキャラクターと向き合うしかなくなる中盤以降で、自由度は0になり画面に出る指示はサブクエ以下になります。
列車の先頭車両まで行って帰ってくるだけでコンプリート!の文字が出た時は「はぁ?」と声が出てしまいました。何をやり遂げたんだ?
13章についてはただただ苦痛が続くだけで、これを楽しいと思って作ったのかは疑問です。プレイ時間稼ぎとしか思えません。
ストーリーや設定は次から次にメッセージやNPCの説明で一方的に聞かされるだけで、しかもどれもが唐突です。
頭に「?」がたくさん浮かんだまま次から次へたらい回しにされ、急に感動的な音楽が流れ「ほら泣け」とやられても呆然とするしかありません。

演出も矛盾点だらけで、主人公が閉鎖される扉へ滑り込み置いてきた仲間を悔やむ表情を見せた直後のイベントシーン。
仲間が走って後ろから追い付いてきます。閉鎖された扉は?どうやって開けたの?説明は一切ありません。万事この調子です。
男四人なのにそのうち一人がヒロインと言わんばかりの扱いを受け、同性愛カップルのようなやり取りを繰り返します。
事前にヒロインとして紹介されていた女性キャラは中盤に唐突に登場し、その後すぐ(数十分で)退場していきました。PT加入もありませんでした。

一応クリアまでは遊びました。前半は寄り道しつつだったのでサブクエもそれなりにこなしたつもりです。
それでもディレクターが自慢げに言っていた「最低40時間」にはとても達しませんでした。

なんだかおかしいのです。このゲームは。
事前に言っていた事と違う。PVにあったシーンは出てこない(無くなったと聞いた覚えもない)。
そういえばPVより画質も劣化している。どこまでも行けると言っていたが行けない。
オープンワールドの一部の様に言われていた場所がただのイベントマップでそのほとんどに侵入できない。
シナリオはつじつまが合わない。適当に投げ入れられたようなその場に似合わないモンスターの配置。

開発スタッフたちは分かっていたはずです。
このゲームが未完成な物だという事を。

それなのに「我々は世界最高のゲームを生み出した!」といわんばかりに過剰宣伝し
前夜祭と言う名ネット放送ではやりきったとばかりにドンチャン騒ぎ。
取り切れていないバグも、明らかに未調整な部分が残っている事も分かっていたはずなのにです。
制作会社の社長がゲーム内に登場するDLC?そんなもの作る前にやる事があるでしょう。

そもそもネット環境が無い方のために仕方なく延期したと言っておいて
発売日当日にゲーム一本分はありそうな巨大な修正パッチをDLしてくださいって何ですか。
それについての謝罪は無いのでしょうか。

ゲーム内容も酷いですがそれ以上に製作者側の不誠実さが目に余ります。

クリアした方はこのページ上部にある宣伝文を読むだけでもイラっとくると思います。
「そんなもの本編のどこにあった」と。

そしてこんなゲームを大絶賛するサイトや雑誌も信じられません。
AIが素晴らしい?全員で敵に向かって突撃してはふっ飛ばされて死ぬだけじゃないですか。
モンスター同士の生態系を感じさせる?どこに行けば見られるのでしょうか。
何か私たちプレイヤーと違うゲームをレビューしていたのだとしか思えません。

ここのレビューも★5をつけている方のほとんどは低評価を人格攻撃するばかりで、内容には触れていない物ばかりです。
たまに触れていてもまるでゲームのキャッチコピーをそのまま模写したような中身のなさ。
そこまでして売りしたいですか?買ったユーザーがガッカリしても悲しんでも、売ってしまえば「勝ち」なんでしょうか。

私はゲームが好きです。もう20年以上、一番好きな娯楽としてゲームを楽しんできました。
これからも楽しんでいきたいと思っています。

ですがこのゲームを作った人とそれを取り巻く「売ろう」とした人たちは
日本ゲーム業界の恥部です。
猛省すべきだし、こんな事を繰り返していてはゲーム業界の未来も暗いでしょう。
 
 
 1,407人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 
 
 

★が1つのレビュー

 

 

 

田端ディレクターへの手紙

 

 

田端さん、FF15の開発お疲れ様でした。
開発は本当に大変だったと思いますが、結果としての新しいFFは、一ファンとしては本当に残念なものでした。
すでに多くのユーザーが挙げている指摘や批判をここで繰り返すつもりはありませんが、
1ファンとして一つだけ提言をさせていただきたいと思います。

「ユーザーに対して、発売後の総括をしてください」

ユーザーの評価は大体出揃いました。
発売前に語っていた貴方のビジョンと、ユーザーの評価に大きなズレが出ているという現実については
どこかの場で「自分の言葉で」ちゃんと語るべきだと思います。
アップデートプランだけアナウンスしてだんまり、というのはユーザーの信頼を確実に損ねると思います。

総括とは、具体的には以下のようなものです。

【適切な自己評価をしてください】

ユーザーに中身が知れた以上、もう虚勢を張る必要はありません。
「極上クオリティ」「必要なことは全てやった」というプロモーション用の大言壮語ももう要りません。
何ができて、何かができなかったのか。
何が良かったのか、良くなかったのか。
何がユーザーに届いて、何が届かなかったのか。
そういった、作品に対する自己評価を示してください。
その分析が真摯で的確なものであれば、今後のアップデートやDLCに対してユーザーも期待を持ってくれるでしょう。

【スタッフを守ってください】

そしてこういった総括は、周りのスタッフを守る意味合いもあるのです。
シナリオスタッフが個人名で批判されている今の状況は、さすがに行き過ぎだと私は思います。
確かにシナリオは構成、文章力ともに稚拙で、大作レベルにありませんでした。
ですが、最終的な責任は担当者でなくディレクターにあります。
自らがFF15を振り返ることで、全てが自分の判断、責任であることをちゃんとユーザーに伝えましょう。
最後までついてきてくれたスタッフが批判されている状況で、
矢面に出るべき人間が発売後にだんまりといったことでは、スタッフ達の信頼も損ねるでしょう。

【今後の展望を語ってください】

現状認識をなんらユーザーに伝えることもなく、
アップデートロードマップをしれっと出してきたことについては本当に驚きました。
しかも内容は「こんなことは最初からやるべき」というものばかり。
「チャプター13のゲームプレイの満足度をさらに高めます」という表現にはことさら脱力しました。
(さらに、というのは基本がしっかりできている場合に使う言葉です)
いずれにしても、こういった逃げ腰なだけの対応はユーザーの反感を買うだけです。
やはり自分の言葉で「なぜこれをやるのか」を現状分析とともに、しっかり語るべきだと思います。

また、オフラインユーザーに対しても謝罪すべきだと思います。
オフラインの人にも必要なものを届けたかったと、という言葉が実現できなかったのですから。

【ユーザーへ感謝の気持ちを伝えてください】

どんなに批判が多かったとしても、ユーザーは大事なお客さんです。
遊んでくれたユーザーに対しては、広報部が手なりで作ったような声明文でなく
「自分の言葉で」ちゃんと感謝を伝えるべきです。
それが信用の第一歩ですから。

また、「ユーザーもFF病だった」という過去のコメントについては、訂正することを強くおすすめします。
たとえ真意が異なったとしても、ねじ曲がって伝わったと感じていても、です。
開発に苦労する過程で生まれた本物の実感ではあると思いますが、
その言葉をファンに向けるべきではありませんでした。
ユーザーが何を期待しようが、どう楽しもうが、どう評価しようが、自由です。
病など存在しないのです。
今でも多くのファンが、その言葉を発した貴方に大きな不信感を持っています。
これにどう対応するかが、貴方のディレクターとしての器を示すものとなるでしょう。

以上ですが、正直なところ「実際はこんなことはできないだろうな」と思いながら書きました。
個人のプライドとして失敗を認めたくはないかもしれませんし、
公式にマイナス評価を認めるという行動も、広報チームから大反対されるかもしれません。
しかし、大言壮語のオラついたプロモーションはもう時代遅れです。
最速で500万本とか、高評価レビュー多数、とか実態と異なる空虚なプロモーションを打っても
ファンは白けていくだけですし、不誠実さばかりがファンの心に残っていくだけです。
真摯にユーザーの評価に向き合う姿勢を示すことこそが、現時点での最高のプロモーションだと思いますし、
FFやスクエニ様にとってプラスになる行動だと思います。
目の前のことだけでなく、今後のFFのためにも、ご一考ください。

今後、これを糧にして素晴らしい作品を生み出すことを期待して、提言とさせていただきました。
最後になりますが、FFを作ってくれてありがとうございました。
 
1,171人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 
 
mgsvクリア後のコナミに対してと同じくらい、今FFXV開発スタッフ側に怒りが込み上げています。

極上のおにぎり!とかミステリーディスク!とか作る前に、スカスカのシナリオをどうにかしろよ。明らかに描写不足で手抜き感が満載なんだけども。絶対に完成させなくてはいけない部分をないがしろにしてどうでもいい部分にこだわってるだけ。常に優先順位を決めてやる事を取捨選択してます!とか言ってたくせにこの始末はディレクターの力量不足としか思えない。そもそも料理やカッコいい岩(笑)を仕上げるよりもメインシナリオの方が大切な事くらい小学生でも分かりそうなものだけど。

不満を上げればキリがないので、気が向いたら追記しようと思います。

グラディオ「おい 田畑様 裏切られたユーザーへ気を配れよ」

✳︎追記
少し落ち着いてきたので、私の期待が怒りに変わるまでの経緯を書きたいと思います。ネタバレも含むので見たくない方はスルーで。

そもそも私はこのFFXVに多大なる期待を寄せていました。アニメーション作品ブラザーフッドで仲間への理解を深め、少し背伸びしてデラックス版を予約(特典欲しさにセブンで予約しましたが笑)。そしてプレイ前に付属されていた映画キングスグレイブと出発前日のボイスドラマも聞き、完璧な状態にしてから始めました。

そしていざ旅立ち!。映画からの流れもありレギスがノクトを送り出すシーンは少しほろりときました。まず冒頭の車を押すシーンでグラフィックに目を奪われ、シドニーの討伐依頼から非常に操作感のいいアクションを体感したことで私のテンションはMAXに。魔法がアイテム制だったのは残念でしたが。そして少し進めて王都陥落ですが、そこからの流れに最初の不満点が出てきました。ノクトは歴代の王の武器を集めて力を手に入れる為に旅を続ける事になるのですが、情報が小出しで小目標がコロコロ変わっていく。車を使うとあっという間に目的地に着くのでなんか旅というよりちょっとしたお使いみたいな感じ。そこはオープンワールドを上手く使って、いくつかの選択肢を与えてもいいと思いました。そこで没入感を増やす為に歩いて旅をする事にしました(笑)。というのもサブクエストの経験値が膨大でレベルが簡単に上がるので、メインの難易度を落とさず没入感を増やす自分なりの工夫でした。

そこからは特に不満もなく水上都市オルティシエに。ド派手なリヴァイアサン戦で「やっぱFFすげえわ!」となっていた所、ちょっとムービーに出てきた位のヒロインが死去。これは流石に首をかしげる展開でした。普通ならノクトとルーナが1言も交えないまま死ぬという切なすぎる展開は泣けるものとなりそうですが、ルーナの描写が余りにも少なすぎて全く感情移入できませんでした。
そして列車旅へ。ここでグラディオ(以下ゴリ)がいきなりノクトに切れだします。なんでイグニスに1言も励ましの言葉もないんだよと(イグニスは先の戦いで失明しました)。ここからのゴリはマジで最悪です。ノクトに心の無い皮肉めいた言葉を浴びせまくりパーティの雰囲気を悪くします。始める前はいい兄貴分みたいな印象がありましたが、喝をいれるのではなく性格の悪い女のようなネチネチした態度は間違いなく私を不快にさせました。この作品でゴリを好きになる人っていないんじゃないかな(汗)。イグニスの覚悟を聞く事で一応関係修復はされます。

その後ルーナの故郷テネブラエに寄るのですがマップは少し空き地があるだけの手抜きマップです。ここら辺から衝撃の事実が次々と飛び込んできます。あれだけ巨大だった帝国はいつの間にか空中分解し、事実上宰相のアーデンだけに。そしてなんとレイヴスがレギスの剣をノクトに届けようとしている事実。映画ではあれだけレギスの事を憎んで指輪の力も奪おうとしていたのに、どこで切り替えたの?妹ルーナの覚悟を見て改心したにしても何故そもそもレギスの剣を持ち出したの?疑問ばかりが残ります。それでもこの先で回収されるのではないかと淡い期待を持って先に進めました。

そして話題の13章。ここで疑心が確信に変わります。コピペマップはまだ許せました。まず命がけで託された指輪をいままで付けるのをしぶっていたノクトが、武器召喚と魔法を封じられただけで仕方なく付けようとするような描写。PVの「ありがとな親父。後は任せろ」みたいな熱い展開はありません。さらにある程度進めると、いきなりレイヴスの亡骸が・・。しかもレイヴスの心境の変化は短いレポート用紙3枚で収められる始末。それでも全ては理解できません。憎き皇帝イドラは服だけ出てくる状態でいつの間にかシガイに。しかもちょっとセリフが流れる程度。そしてプロンプトが実は帝国出身なんだというカミングアウトをするのですが、帝国が悪みたいな描写がなさすぎて「ふ〜ん」て感じです。この時点でアーデンが1人で暴走してるだけというのは分かっているので。そして13章ラストでノクトがクリスタルに触れる事で10年間の眠りにつきます。
この10年の眠りも酷い。本当に眠っただけです。一応クリスタルの力だか王の力だかを溜める為に眠るという設定があるのですが、老けたノクトが出てくるだけで成長した実感は0です。また結構人として成長しています。ただ寝ただけなのに。そして夜だけになってしまった世界に放り出されるのですが、数m歩くと車の迎えが来てそのままハンマーヘッドへ。ここでゲーム内では仲間との久々の再会という形になります。が、ユーザーの体感ではわずか10分程度の出来事なので我々の熱度とゲームの世界の熱度が一致しません。しかもハンマーヘッドから出ようとすると自動的に王都インソムニアに飛ばされます(インソムニアはただの戦闘フィールドです)。ここを攻略してENDです。

ゲームをクリアして残ったのは、ゲームの余韻ではなく虚無感です。期待していたFFXVですが蓋を開けてみると・・
・でかい街は結局事前情報で出されていたレスタルムとオルティシエだけ。
・昼間の王都にはいけない。
・描写が少なすぎて感情移入できない部分や疑問が残る部分が多い。
・チャプターによっては10〜20分で終了する明らかボリューム不足なものもいくつかある。
・ボイス関連にも粗がある。(例えばおっさんノクトなのに一部の戦闘の掛け声が若いまま等)

そうとうのんびり進めて45時間程でゲームクリアしたので、車を最大限活用してサクサク進めたら30時間くらいで終わる気がします。最低40時間はエンディングまでかかると田畑Dは言っていたのに。しかもその中の数時間にもコピペマップや失明イグニスの介護の為にゆっくり歩かなくてはならないなどのカサ増し要素もあります。

また個人的にエンディングの演出は好きだったので尚更残念です。もっと話を掘り下げて濃密に出来ていれば感動できそうなのに。

あれだけ最高の体験を全てのユーザーにと謳ってきた田畑氏ですが、ストーリーを掘り下げるのは結局アプデで行うみたいです。正直単純にゲームを評価するなら星3くらいはつけられます。しかし一種の詐欺行為を働いてユーザーを騙すような宣伝は許す事ができません。パッケージに寄せ書きを付ける暇があるなら謝罪文1つでもつけたらどうですか?ATRでも「洗練されたストーリーにするのは納期の関係上不可能でした。アップデートで対応します」と事前に正直に話をしていれば良かったんじゃないですか?都合のいい部分だけを抜き出し宣伝して、「極上の体験ができます!」なんて美談を語るのは社会人としてどうなんですか?そういう部分を含めて星1という評価となりました。

今回開発の方には他の方々が仰られている酷評が届く事を祈っています。特に田畑さんには反省して謝罪動画を出して頂く事を切に願っています。
 
 
 537人のお客様がこれが役に立ったと考えています