読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイモノグラシ

本当に欲しいものだけを買う

スポンサードリンク

SMAP最後のアルバム「SMAP 25 YEARS」Amazonレビューに寄せられたファンの感謝の言葉まとめ

 

 

惜しまれつつも2016年で解散となってしまうSMAP

そんなSMAPが最後に出すのはファン投票によって収録曲が決まった最高のベストアルバムです

SMAP 25 YEARSのAmazonレビューにはファンからの感謝の言葉で埋め尽くされていました

その熱い言葉の中でもより多くの人が評価したレビューの数々を紹介します

 

 

 

SMAPのCDを購入するのは今回が初めてです。
今までSMAPの歌をあまり聴いたことがなく、有名な曲はいくつか知っている位の印象でした。
あとはバラエティー番組に出ていたり等。
いい歌だなぁ〜と思っても、CD買うほどのファンではありませんでした。
年が明けて、いきなりの解散報道、事務所のコメント、スマスマでの公開謝罪、そして解散決定の発表。
あまりファンでなかった自分も驚き動揺し、悲しい気持ちになりました。
たくさんの人が悲しんでいて、SMAPというグループが、どれだけ偉大な、国民から愛される存在だったのかを実感しました。
いろいろ報道が出ていて、SMAPのみなさんの本当の気持ちは正直分かりませんが、事務所の対応には怒りさえ覚えています。
新聞への投稿、署名活動など、ファンの皆さんの行動には敬意を払いたいです。ありがとうございます。
SMAPの5人へのせめてもの感謝の気持ちで、今回購入しました。
アマゾンで品切れ?だったので、CDショップで購入しました。ショップでは、みなさん手に取っていましたよ。
解散はすごく残念です。いつかまたSMAPとして、5人で歌を歌う日がくることを願っています。

 

 

155人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

SMAPと同い年の28歳男性です。
テレビっ子だったので、SMAPと一緒に育ってきたような世代です。
一人っ子の自分としては兄貴のような、憧れの兄弟のようなものとしてSMAPを見ていたのかもしれません。
もっといえば心の家族?のような存在です。もし解散撤回って言われたら、私は「なんだよふざけんな、ただの話題作りかよ」と言うかもしれません。でも、間違いなく笑って許します。冗談でよかったーとSMAPの無事を心から喜ぶに違いありません。家族ってそんなものじゃないでしょうか。いざこざがあっても、家族だからこそ許せる部分があるというか。SMAPはいつのまにかそんな存在になっていたんです。
彼らには普通に暮らす一般人に共感できる、人生の浮き沈みを見せてもらってきたと思います。
大切なひと(森くん)との別れ、吾郎さんの自動車事故、草なぎくんの酔っぱらい逮捕。
それでも彼らがメディアを通して誠実に、人を思う気持ちや、自分の弱さ、非を認め、向き合ってきたのを子供ながらに見てきました。
そんな彼らに、私自身の人生を思うのに近い感情を重ねていったのだと思います。
失敗したり、非難の対象になったり、決して称賛すべきことばかりでない彼らの歴史の中で、力強く立ち上がる姿に胸を熱くしてきました。
そしていつもそこには優しい歌声がありました。best friend、オリジナルスマイル、世界にひとつだけの花、とても語り尽くせるものではありません。
彼らこそ、本当の意味で等身大でした。好きなアーティストは他にもいます。でもここまで他と比較できない、しようとしてもできないアーティストは他にいません。好きなアーティストの音楽を気分で聞かなくなることはありますが、SMAPは音楽以外でもテレビやラジオを通していつも私たちのそばにいたのです。

ちなみにSMAPはCDの売上が飛び抜けて高いアーティストではないと認識しています。それほどまでにテレビを通して広く浸透していたのだと思います。音楽CD、音楽サイトをメイン媒体としている一般的なグループとは違い、過去も現在も含めて見当たらない希有な存在です。
そんな彼らが20年以上もアーティストの一端として1位を取りつづけてきたことはほんとうに凄いことだと思いました。
これだけ語っておいて私自身、SMAPのCDを買うのは子供の頃に買ったfreebird以来、アルバムでは初めてです。
つまり売上だけでは測りしれない日本国民の思い出や、時代、歴史がこのCDには詰まっているのですね。
曲目は年代順に並んでいます。自分達が生きた時代、人生の写し鏡のようです。
そしてSMAPの音楽性の移り変わりも見てとれます。
Disc2のからメッセージ性が強くなり、Disc3の、特に震災後にリリースされたさかさまの空やgiftからキラキラした希望や幸せを振り撒くようになります。そして近年は40代のアイドルが成立するのか?を体現するように、シャレオツや華麗なる逆襲で新しいアイドル像を切り開いていきました。
聞き終えるとなんだか、華麗なる逆襲にどんでん返しや意味深長さを感じるとかよりも、まだまだこの先の誰も到達したことのない世界を見せてくれそうな予感さえあります。
本当に、こんなに愛されているグループが解散となってしまうなんてまだ信じられません。うちの86歳の祖母さえも解散するは惜しいと言っていて、SMAPのメンバーをフルネームで全部言えるこの状況は、寂しさや悲しさを通り越してSMAPの規格外な認知度を感じた次第でした。
よく一家に1枚なんて言葉がありますが、日本人にとって最も相応しいそれが、このSMAPのベストアルバムなのではないでしょうか

 

 

 

年末はいつも、なにかたくさんやり残したことがあるような、何かに後悔しながら終えていくような感覚があるけど、今年はそれに加えて、何かとてつもない大きなモノが心から消えていくような気持ちだ。

「身内が亡くなった時の気持ちにすごく似てるんです」と、ある芸人さんが言っていたけれど、それはすごく共感した。

 失ってから気づくことばかり。「今回の新曲は微妙だな」とか、「今日はスマスマいっか。」とか、そんな風に大切にしなかった瞬間が、実はすごく大事だったんだな、なんて思う。もっと観たり聴いたりすればよかったな。

 正式に“今年いっぱいで”と発表されてから数ヶ月。あの時は「まだ何ヶ月もあるし、もしかしたら・・・」という気持ちがあった。でも、やっぱり現実は違った。

「ほんとは仲違いなんてしてないのに!」って信じてる人もいるでしょう。
「木村くんとお揃いのバングルを慎吾ちゃんがつけてた!メッセージだ!」って。
 あれは、個人的には、偶然同じ衣装があっただけ・・・じゃないかとしか思えない。
 ほんとは仲良しのままなら、そんな遠まわしなことしないで番組中にもっと仲良くすればいい。大げさなくらいにわかりやすく。勝ったらハイタッチすればいい。ボケたりツッコんだりすればいい。カットすることができない場面に仲いい「証拠」を見せることはできたはずでしょう。仲がいいままなら。。
 中居さんは番組を盛り上げよう、これまでどおりに振舞おうと頑張っていた。そんな姿を見ていると、笑える場面でも心の中は少しさみしかった。
 
 もうファンの気持ちとか、事務所云々とか、そういう問題じゃなくて“彼らの心の問題”なんだと今では思うようになった。だから、何万人が署名しようが、CDを何枚買おうが、あまり関係ないんじゃないか。
 みんなが集まって、何時間でも何日でもちゃんと面と向かって話合って、殴り合いでもなんでもして、それで決めて欲しかった。それでちゃんと、五人揃って五人の言葉で、その結果を伝えてくれたらよかった。

 モヤモヤしたまま、なにも納得しないまま、今年が終わっていく。

 このアルバムの内容はファンが決めた。“ただの25周年”ならば、きっと中身は大きく違っていたに違いない。“こんな25周年になってしまった”ベストアルバムは、ファンみんなの「願い」が込められた。

この先どうしようもなくすれ違ったり 言い争いがあったりもしても
どうか道の途中で手を離そうとしないでよ ちゃんと繋いでてよ

大事なのは続けること 楽しいだけでいれないときも

僕らずっと共に歩こう 永遠なんて言わないからさ
5、60年 それだけでいい

 この歌は、ファンみんなの願いは、どうなるんだろう。

 こんなにたくさんある名曲が、去年までとはまったく違って聞こえてくる。すべてが、すこしづつ、さみしい曲になった。

 ステージで楽しそうに歌う姿をもっと見たかった。
 みんなで喋ってる姿。ひとり黙って端っこにいて、いじられるツヨちゃんとか。歌番組の中居さんの音程にハラハラしたり、吾郎ちゃんのダンスはどうかとか。見ていたかった。
 慎吾ちゃんのビストロのはじけっぷりとか。バカみたいなコントとか。もっと見たかった。
 もちろん、カッコイイ姿も。五人揃った時のオーラ。どんな大物アーティストが周りにいても、一瞬で主役になる存在感。 

 ずっと続いていくもんだと思っていた。
 25周年、おめでとう!・・・と、素直に言えたらよかった。

 正直、まだ実感がわかない。
 
 ラジオ番組の名前・・・木村さんだけは「SMAP」という名前を残したんですよね。彼にだけ、「SMAP」という名を使うことが許されたのか。それとも、メンバーみんな選択権があって、「どうします?」「外します。」というやりとりがあったのか。それはわからない。でも、とりあえずまだ、「SMAP」という名前は残った。
 
 木村さんだけ悪者に感じるような記事や風潮が見られたが、個人的にはそうは思わない。「ここへ来て急にSMAP愛を見せ始めて、いい人アピールを事務所と始めた」なんてことも言われてそうだが、そうとも思わない。
 木村さんは素直に、単純に、SMAPを残したかった。そのための方法が、一人だけ違ってしまった。だけだと。彼はSMAPを、誰も、裏切ってなどいない。
 すごく切ないですよね。もしかしたら、一番後悔している人かもしれない。だから、「SMAP」のままでいこうとしてるのかな、とも思う。いつかまた集まったときのために自分が屋号を背負っていようということなのかと、大げさに捉えたい。たかが番組名だけど、そこにSMAPがついているなら、それに出てる木村さんはずっと「SMAP木村拓哉」ですよね。

 いつかまた、五人は揃ってくれるでしょうか。

 また五人揃った姿を、いつか見られると信じたい。逆にそう思うしか、この状況で納得するすべがない。
 壊れた絆は簡単には元には戻らないけれど、時間が経てば変わってくることもあるはず。

 何年後でもいい(みんながまだ踊れるうちに。笑)から、今は待つことにしましょう。そう信じてみましょう。
 また集まってくれたら、最初に何を歌ってほしいか。『この瞬間、きっと夢じゃない』がいいな。それとも、やっぱり『STAY』なのかな。決められない。

 いろんなことを乗り越えてきた五人です。これでは終わらないと思えて仕方がないのです。

 諦めないからな。みんなSMAPが大好きです。それだけです。

 もう一度巡り会えたら、その時は笑顔見せて・・・ほしい。

 間違いなくオンリーワンのグループ。今までも、これからも。
 
 
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

 

SMAPの曲ってやっぱり凄く良いなあとしみじみと感じています。
私の人生にはいつもSMAPがいました。
バラエティに歌手にドラマに・・・テレビをつけると彼らの姿がありました。その活躍ぶりは誰もがご存知でしょう。
おそらく歴代のジャニーズのグループで最も同性から支持を得たグループではないでしょうか。
SMAPは視聴率やセールスも凄いですが、それ以上のものを築いたと思います。
嵐もSMAPの存在がなかったら今ほど人気を得られなかったかもしれませんね。

ダンスナンバーも素晴らしいですが、私は特にSMAPが歌うバラードが大好きです。歌がメチャクチャ上手いわけではないですが、心に響くんです。泣けてくるんです。辛い時でも頑張ろうって思えるんです。
新曲がもう聴けなくなると思うと非常に残念ですが、SMAPが残した曲は永遠です。皆の心と記憶にいつまでも残り続けるでしょう。

森さんも含めて今後の彼らも応援していきます。ありがとうSMAP
 
 
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

このアルバムがファンからの気持ちの全てだと思います。
憶測だけで好き放題書いているスポーツ紙、
それに踊らされて批判コメントを書いてるファンかわからない人たち、
メンバーの誰が悪いとか誰が誰を嫌いとか邪推すぎるし、それでSMAPをみるのは無能を露出し過ぎててみっともないです。

何か言うのはSMAPの足跡をもっとしっかりみてからにしてほしいものです。
それにはこのアルバムは本当にうってつけだと思います。

事務所の対応の悪さ、自分のとこのアーティストを矢面にたたせるだけにしてなにもフォローも謝罪もしようとしないところなど、まだまだ書きたい事が沢山ありますが、

いつまでもあると思っていたグループがなくなってしまうのはやるせないし、切ないです。

せめてグループの中休みとなることを。

SMAPありがとう
 
 
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

 1 Can't Stop!! - LOVING
2 BEST FRIEND
3 笑顔のゲンキ
4 君は君だよ ………

この曲順だけで、泣けました。

1曲目、Can't Stop!!
雨の中でのデビューイベント。
素敵な夢を見させてくれる始まりでしたね。

2曲目、BEST FRENDの前奏が始まった途端に、スマスマでの森くんラスト・吾郎ちゃん復活・5人旅での中居くんの涙が思い出されます。
5人(森くん含め6人)こそが、BEST FREND。

3曲目、笑顔のゲンキに、投票しました!
姫ちゃんのリボン大好きだったなぁ。
奇跡を起こしそうな不思議な力だね。
自分が投票した曲が選ばれて、嬉しいです。

4曲目、君は君だよ
今のSMAPを現しているかのような歌詞。
君は君だよ だから誰かの真似なんかしなくてもいいよ…
粉々になるくらい傷付いて ダメになる手前で持ちこたえる…
SMAPのメンバーは、きっと今も耐えている。
解散しても、SMAPの誇りを持って、これからも活躍してほしいし、活躍してくれると信じてます。
SMAPは、今までもこれからも、SMAPです。
唯一無二の存在です。

いつの日か、また、笑顔で5人が歌ってくれる日を待っています。

 

 

 

 

 

90年代中頃から2000年代初めまで毎年コンサートに参加していました。

いつしか子育てや日常の生活に追われてTVで見るしかなくなってしまったSMAP

解散を知ってから毎日CDを聞きまくっていましたが、
この『SMAP 25 YEARS』にはシングルバージョンの収録が多いので、また新鮮な気持ちで聞いています。
リマスターはされていないようで初期の曲の音はあまりよくないですが、それはそれで当時がそのまま蘇ってくるようでいいのかも。

ライブでも大盛り上がりだった、私の大好きな曲「オリジナルスマイル」
聞くたびに涙があふれてきますが、最後はSMAPのみんなに笑顔でありがとう!と言いたいです。
  
 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

 

人の記憶にあるもの。
それぞれの世代にあるもの。
思い出す風景
思い出す香り
思い出す声
懐かしい気持ちになる時、SMAPが側にある確率の高さ。
曲を聞くと溢れるノスタルジーがたまらない
SMAPと生きた25年
SMAPと同じ時代を生きれた事に感謝したくなるアルバム
ベストアルバム(思い出や記憶)とはこうあるべきだと思う
 
 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

「あの曲が入ってない」という感想は自分もあるし誰しもそうであるだろうけど、これがファン投票から選ばれた現段階での最新ランキングBest50曲(自分は「夜空ノムコウ」に投票した)
CDとケースは「SMAP」の文字が合うように収納できます。几帳面な人は気にしてしまうかな?付属の大判ジャケットポスター?の裏面は活動年表になっています。

収録曲を聴き返すと懐かしい青春時代を思い出しますね。SMAPという日本最高のアイドルグループがあと10日で解散というのは寂しい。
時が経ったらALL Single Bestも出して欲しい。
review image
 
 
 
52人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

 

SMAPのファンではないですが、ファンではないのにこんなにSMAPの引退が悲しいのはなんでしょうか
テレビをつけると毎週SMAPのメンバーの誰かをみかける
そんな日が当たり前のようになっていました
無くなりそうになって気づく存在の大きさをいま実感しています
SMAPの曲や番組から前向きなパワーをもらいました
今回、 SMAP 25 YEARS (CDとClip! Smap! コンプリートシングルスDVDを購入しました

ありがとうの感謝をこめて。
 
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 

 

ボクは男ですが、こんなに老若男女に支持されたアイドルは唯一無二ではないでしょうか❗
90年代前半、ジャニーズ事務所という終わりかけの事務所を立て直し、その恩義も感じていない副社長。
男性アイドルのパイオニアは永遠に称賛されるべき存在です! 男が応援できるアイドルを築き上げたのはSMAPですよ(>_<)

 

93人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

 

自分は、全くのSMAPファンではありません。SMAPのCDやDVD等も全く一度も買った事も無く、彼らの楽曲もわずか数曲位しか分かりません。

全くファンでも無い自分でも、初めてSMAP解散のニュースを見た時は、本当にビックリしました。解散報道が出る前までは、彼らが長年において活動して来た事は、まるで「空気」みたいに当たり前の存在の事の様に思っていました。しかし、その当たり前が「空気」の様な存在では無く、どれだけ偉大な国民的アイドルグループだった事かを自分でも初めて気付かされました。

人間は、何でも無い事の幸せを失った時に、初めて、その時に何でも無かった事の幸せの「大切さ」を知る様な、まるでそんな感覚に似ています。

長い間 活動を続けて来たのに、このままフェイドアウトの様に解散するのは、本当にもったいないグループでファンからの事務所に対する不満や不信感や怒りも重なり、ファンの気持ちを思うと本当に胸が痛くなりますが、一番辛いのはきっと、今のSMAP5人なのかもしれません…

もちろん、ファンの皆さんも本当に辛いと思いますが、これからSMAPが解散しても、暖かく個々の5人をいつまでも応援していって下さい。自分もそんな彼らを、これからは陰ながら応援していきます。

そして、彼らの長年の活躍に"ありがとう"をこめて、今回初めて彼らの本作品のCDを他のオンラインショップですが購入しました。今更ですが、曲数が多いので今からでもじっくり聞き込んでSMAPの曲を覚えていきたいと考えています。

 

205人のお客様がこれが役に立ったと考えています