読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイモノグラシ

本当に欲しいものだけを買う

スポンサードリンク

「美人になったつもり」で生活をしたら痩せた!?今話題のダイエット本が高評価の理由、実際に試した結果

 痩せている人はなぜ痩せているのか?太っている人はなぜ太っているのか?

太ってしまう人は太ってしまうだけの理由があるんですよね

では太ってしまう人はどうすればいいのか?

「スリム美人になったつもり生活」をすれば痩せるという驚きのダイエット本を発見しました

 

 

 

 

 商品説明

 

 

 

数々の失敗ダイエットを繰り返してきた作者・わたなべぽん(165cm・95kg)。
人生は、ダイエットしている時期とリバウンドしている時期しかなかったことに気付いて一念発起!
研究の果てに行き着いたのが「美人になったつもり」で生活をすることで自然と痩せて行くという方法だった。
毎日のすべての行動を「美人ならどうするか」に置き換えて考え、実行することで
痩せて行くという魔法のようなダイエット。でもそこにはやはりトラップもあるわけで…。
一大ダイエットドキュメンタリー。ラストは思わず泣けます!

 

 

 

 

2017年1月5日現在で

 

Amazonレビュー総数197 5つ星のうち 4.2

 

という高評価、 どうしてここまでの高評価を得ることが出来たのか?と疑問に思ったのでAmazonレビューを調査します

レビューを見て「参考になった」と多くの人が認めたものばかりをまとめました

 

 

 

 

 Amazonレビューで「参考になった」と多くの人が認めたレビュー

 

 

 

 

 

そうか、なりきってしまえばいいんだ!と気づかせてくれた本。
けっきょく太るのもやせるのも、生活習慣なんですよね
そしてそれをつくっているのは考え方や生き方。
著者のぽんさんは、きれいでおしゃれな日本の40代の女性を
モデルにしていましたが、私のキャラにはあわなかったので
「フランス女性みたいに」と置き換えて生活していたら
2ヶ月で6キロやせました。
ダイエット本はいろいろ読みましたが、これがいまのところ
精神面ではいちばんの良書かも。
わたなべぽんさんの謙虚な人柄も表れていてダイエッターとして
卑屈にならなくてすんだどころか、彼女へ多大な好感がもてました。
太りやすい人の好きな食べ物と、そうでない人のものとの違いが
すごく具体的に描いてあって、ぽんさんは両方の世界をよく知っていて
プレゼンもうまい頭のいい方なんだなぁとおもいました。
ぜひ続編も読んでみたいです。
 
 
301人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

 

 

この本で重要なことはいかに自分がモチベーションを持てる理想のモデルを作るかという点だと思いま
す。
作者の理想はあくまで作者のもので自分にぴったり来ないのは当たり前。わたしもSNS大好きリア充アピール、旅行先で体重調整のため地元食材たっぷりかもしれない朝食を抜く作中の友人達は合いません。(だから太るといわれればそれまでよ)作者のやり方を参考に自分で作る必要があります。
外見のみではなく内面も含めて理想となるモデルを作るのは意外と難しいですがそこが肝だと思いました。
 
 
 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 
 
15キロ痩せた友達に話を聞いたら「この本を読んでダイエットした」と教えてくれて、即購入しました。おデブの習慣が分かりやすくて説明してあり、何に注意すればいいかが分かりやすくて、なかなか良かったです。
 
 
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 
 
ダイエットをしたいと思い続けていても、何からすればいいのかわからない、色々方法を試してみたけど結局途中でやめてしまう。
そんな人向けです(私がそうでした
ダイエットに対しての考え方だけを解いているのではなく、具体的にどうすればいいのかアドバイスがあるのかいいところだと思います。
私も今から頑張ってみようと思います!
 
 
 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 
 
昔から後ろ向きで卑屈で、自分を変えようとダイエットするもリバウンドの自分が嫌になった時にこの本と出合いました。 
読んでみると、漫画で大変わかりやすく、更に面白く自分も実践してみました。「デブが切り盛りする家庭はデブが多い」と書いてありましたが、うちはまさにそれでした(笑) 何より、運動量と食べる量(満腹と思う加減)が今まで間違っていた事に気がつきました。
私にとっては、色んな事に気づかせてくれる教科書になってます!

以下自分の体験話です↓

本の通りに、「目先ではなく、もっと先の事を考えて・・」とはいったものの、今デブの自分が何考えたっていい事一つ思いつかなかったので、体力付けにと始めたウォーキングからのスローラン、最初はぜ~~んぜん落ちませんでした。ランニングフォームも調べつつ、ぶーたれながらも、面倒になるとこの本を読み返して続けていました(毎日読み返しまくったので本が・・2冊目購入しました)
今までの自分の生活の中でちょっと慣れない事していた為、毎朝の体重測定とか1か月は面倒だったのですが、そのうち、体についた肉が柔らかくなってるのを実感しました。そして、2カ月たった頃、突然体重が落ち始めました。その頃、はっきりと今までとの違いを実感しました。
気持ちの持ち方も変わって行き、何かする事が凄く楽しくなってきました。結果、現在8か月経過しましたが70だった体重が-20キロ以上落ちました。今の所、体重測定も皆勤賞です。 あんまりにも落ちるもんで、心配で医者に行ってみてもらいましたが結果「健康そのものでいいから!逆に続けて!」との事でした(笑)
この本に掲載のダイエット方法は、特に食べ物が食べられなくて辛いとかもありません。よ~~く水(出来れば温かい白湯)を飲んで、よ~~く噛んで、楽しい雰囲気で出来る限りバランス良く食べる。これの繰り返しでした。これが結構満腹になって楽しかったです。何気に好きなのもちゃんと食べれますし(笑) 
ちなみに最初に全シリーズを購入しましたが、どれも漫画としても面白かったです。 ダイエットを実行するのに自分の現状等知りつつ事細かくやりたい人は、同シリーズのノート術を。痩せて尚自分に自信を持てない、そんな方には、さらにー5キロ痩せましたの本がお勧めですよ~
 
 
129人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 

 

 

たしかに、私の彼は痩せているのですが、
飲むのは水かお茶(紅茶も無糖)、定期的に運動(できないとイライラしてる)、
お腹空かないと食べない、お酒をあまり飲まない(飲むときは良いものを少しだけ)と、
本の「スリム美人」の生活習慣そのものです。
一緒に暮らすようになり、似たような食習慣になって若干スリムになったのは、
そのせいだったのですね(笑)

でも、本を読んで、まだまだできることがあるのが分かりました。
テンション高く上げて、ゆるりと頑張ろうと思います。
 
 
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

 

 

この本の有益なところは、ダイエットの最大の課題である「辛い」「苦しい」
といった感情を緩和したこと。これまで出版されてきた本で言われ続けてきた
ことではありますが、上から目線ではなく実践しながらかわいい絵での解説なので
非情に読みやすいです。

ダイエットはつい修行僧のようにアレを我慢してこの運動を課して…とマイナス作用
ばかり考え過ぎ。多くの人がダイエット後リバウンドに陥る要因となっていました。
本書では逆思考、スリム美人だからこれを食べてこの運動をエンジョイして…と
我慢ではなくなりきる思考で痩せる思考を作り上げています。実際にこの本に書いて
あることを意識して10か月ですが、3キロ減(標準体重+2キロくらい)で体調も
よくなりました。何度読んでも面白い本です。
 
 
 
61人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 
 
いくら今太っていても、自分を否定して嫌いになってしまうと、好きな自分になるためのダイエット!と追い詰められてしまい、苦しくなって結局長続きしないですよね。ぽんさんは、太っているときから、今の自分を否定せずに、毎日を丁寧に生きていた積み重ねが結果ダイエットにつながったのですね。
 
 
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 
 
何度ダイエットに挑戦しても失敗しリバウンドしてしまった作者が、
「おデブな人」と「スリム美人」の行動の違いを観察し、「スリム美人」の生活習慣を真似ることで
無理なくリバウンドのないダイエットが行えるのだと説く。

特筆すべきは作者の観察眼と分析力だろう。「なぜ太ってしまうのか」「なぜリバウンドが起こってしまうのか」を
自分と向き合い徹底的に突き詰めて考えているので、解決策が的を外さない。

「スリム美人」は食事を極端に制限するようなダイエットを行っているわけではなく、
あくまで漫然と食べてしまうことをしていないだけだということは大切なポイントだろう。
これは健康で無理なく痩せるためには当たり前のことだが忘れられがちだ。

そして既存のダイエット本と違うところは、体重を減らすということだけではなく、
「生き方」そのものを見直そうと提示しているところだろう。
何のために痩せるのかということも明確になるので、モチベーションが続くことだろう。
 
 
 
 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 
 
 
私もですが・・・太っている人って、この作者も語るようにダラダラしてるんですよね。はい。
私もですが・・・太っている人って、ホント罪悪感が24時間くっついてるんですよね。はい。
この本、私にとっては良い起爆剤になりました。
1年スパンでダイエットを考えると、まだやっていないのに・・・もうツライ。涙。
ですが、こうやって見てみると、なんだか私にも出来そう!と自信になりました。
作者さんの真似してノートに書いてみたり、これが最後だぞ!って頑張ってます。
写真がもっとあれば、もっともっと勇気が出たと思うので、☆4つです。
 
 
 
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 

 

 

痩せるための指南書ではなくて、どちらかと言うと痩せるための意識改革させる感じ。
ダイエット中に読むとモチベーションが下がらずいいかもしれない。
どちらかと言えば、ある程度のダイエットの知識はあるけどいつも挫折しちゃうと、
そういう人にお勧め。
 
 
 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
 
 
 
私もこちらを読む前に20㎏以上のダイエットをして、(74㎏→53㎏)
今も維持ともっと絞るためにトレーニングを継続しています。
自分で生活習慣を見直し、色々と試行錯誤しました。

なので太ってたときの生活習慣・考え方も
痩せたあとの生活習慣・考え方もよく分かるので
こちらを読んだ時すごく思い当たることが多かったです。

太ってるのは太って当たり前の生活習慣だし、
考え方も太ってる人特有の考え方ってあるような気がします。

そのあたりの痩せてる人との違いがいっぱい書いてあるので
生活習慣を見直すきっかけになると思いました。
絵もかわいく、とても見やすかったです。

ちょっとスリム美人への思い込みが多い気もしたので(笑)星-1にしました。

ダイエット本にありがちな
こうしろ、ああしろ的な押しつけがましさがないのが良かったです。
 
 
 
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています

 

 

 

太っている人はやっぱりそれなりの生活を送っているということがよくわかる本です。
せっかくダイエットに成功しても生活習慣や考え方が太めさんのままだと結局リバウンドしてしまう。
この人かっこいいな~、こんな風になりたいな~というのを明確にして見た目の目標を立てるのも大事ですが、ダイエットに成功してそれを維持していくにはかっこよくてきれいな人の生活習慣や考え方をマネするのが手っ取り早いという、一見わかっていそうでわかっていなかった事実。
今ちょうどダイエット中なので、参考にしてがんばりたいと思います。
 
 
 
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています